みんなのヘルスケア相談室 高血圧のサプリメントガイド

高血圧を招く生活習慣を改善できる優良サプリメントとは

にんにく・玉ねぎ

このページでは、血圧を下げる食べ物・野菜編を紹介します。

血圧を下げる食べ物(野菜編)

健康診断などで「高血圧」と宣告されると、生活習慣の改善を求められます。

高血圧改善方法を理解した女性のイメージ画像血圧正常値を大きく上回っている場合は、医師による診療を受ける場合もあるでしょう。それもそのはず、高血圧は心筋梗塞やくも膜下出血など、突然死に繋がる大病を引き起こす可能性が高いからです。

高血圧改善のためには、運動や睡眠不足の解消、アルコール/煙草の過剰摂取を控えるなどの努力が必要ですが、食生活にも大いに注目したいところ。「塩分を控える」ことは大前提ですが、それ以外にも天然の高血圧改善効果がある食物は、積極的に摂取していきたいものです。

そこで身近な食材・野菜に目を向けてみましょう。血圧を下げる効果が期待される2大野菜は
たまねぎとにんにくです。

「よく料理をする」という人ならご存知の通り、このふたつの野菜はカレーライスやシチューなどの下味として使用されるほか、ひと目では気づかないようなかたちで、さまざまな料理に含まれています。つまり、毎日の食生活に取り入れやすいのです。以下にそれぞれの特徴を見ていきましょう。

たまねぎ

たまねぎには「血液サラサラ効果」があり、高血圧の改善にはうってつけです。

含まれる「硫化アリル」という成分には、血栓を予防したり、血液に含まれる中性脂肪やコレステロールを減らす働きがあります。また血行を促進し、体を温める作用もあるのです。

たまねぎはそれ以外にも、ケルセチンやビタミンCなどの抗酸化物質を数多く含んでおり、アンチエイジングを目指す食生活には欠かせない食材です。

しかし「硫化アリル」には加熱に弱い、水に流れやすいという弱点もあります。このため「生で食べる場合、水にはさらさない」「加熱する場合、切ってからすぐ調理せず、しばらく放置しておく」という調理法を採用することで、より効果を感じやすくなります。

にんにく

スタミナアップに役立つ、というイメージが強いにんにくですが、血管に及ぼす影響も良好な存在です。

にんにくに含まれるアリシン、アデノシンといった成分が血管を拡張させるため、血流がスムーズになるのです。

また、体内でコレステロールが合成される際に必要な「補酵素」を阻害する働きや、抗血栓効果もあるので、高血圧の防止にはひと役もふた役も買ってくれそう。

調理の際はスライスしたり、すり下したりすることで、より効果を得やすくなるそうです。

とは言え「毎日たまねぎやにんにくを食べるのが難しい」という場合もあるでしょう。そんな時はサプリメントを上手に活用し、有効成分を手軽に摂取してみてはいかがでしょうか。

にんにく・玉ねぎの有効成分を含んだサプリメントも掲載!
高血圧予防サプリ一覧表をチェック!
 
 
 
みんなのヘルスケア相談室 高血圧のサプリメントガイド