みんなのヘルスケア相談室 高血圧のサプリメントガイド

高血圧を招く生活習慣を改善できる優良サプリメントとは

心臓に関する病気

このページでは、心筋梗塞など、高血圧が引き起こす心臓の合併症について調査しています。

心筋梗塞など…高血圧が引き起こす心臓の合併症

高血圧は、自覚症状がほとんどないまま進行していきます。やがて生命に関わる大病を招く可能性が高いので、絶対に放置してはいけません。

なかでも恐ろしいのが、心臓の合併症です。ご存知の通り、心臓は人体の中で最も重要な器官のひとつ。一度大病が引き起こされると、突然死に繋がる可能性も高くなっています。

心肥大

血圧が慢性的に高い状態が続くと、心臓は強い力で血液を送り出すことを強いられるようになります。このため心臓の壁が健常よりも厚くなり、肥大化。倍の大きさになってしまうこともあるそうです。

心肥大が進むと、ポンプとしての力は弱まり、血液を全身に送るのが難しくなります。初期段階としては動悸、息切れ、呼吸困難などの症状が現れますが、やがて「心不全」状態となり、心筋梗塞などを引き起こします。

初期の段階で気づくことができれば、食事療法と薬剤療法を併用する形で改善を目指せます。

狭心症

狭心症は高血圧の合併症として、心臓に繋がる冠動脈の一部に硬化が起こっている状態を指します。心筋梗塞の前段階と言っても良いでしょう。

心臓への血流が一時的に滞るため、強い痛みや圧迫を感じます。ただし発作は数分~30分程度で治まります。

もちろん放置は厳禁。病院ですぐ治療を受ける必要があります。短期入院を伴い、冠動脈カテーテルを使用して、狭くなった部分を拡げる治療が行われます。再発の可能性も充分に考えられるので、定期的な検診が必要となるでしょう。

心筋梗塞

心筋梗塞は、狭心症や心肥大など、高血圧に伴う心臓の症状を放置した結果として発症します。心臓に繋がる冠動脈への血流が詰まり、心臓の筋肉が壊死してしまうことで起きる、恐ろしい病気です。

発作の症状は「胸の中央辺りが締め付けられるような痛み」で、数十分~数時間続きます。20人に1人はそのまま死に至るほど、強烈な痛みなのです。発作は、自律神経が副交感神経から交感神経に切り替わる朝の9~10時の間に起こりやすいとされますが、身体が疲労した夜に起きることも多いようです。

一度心筋梗塞の発作が起こってしまうと、一命をとりとめたとしても、一生降圧剤などを服用しなければならなくなります。ステントと呼ばれる金属製の管を挿入しなければならないこともあります。

心臓の一部が壊死しているため、不整脈などが起こりやすくなり、運動は楽しめなくなるでしょう。

高血圧患者の心筋梗塞リスクは、他の人たちに比べ約3倍高くなることが分かっています。生活習慣の改善で、予防を心がけることが先決です。

 
 
 
みんなのヘルスケア相談室 高血圧のサプリメントガイド