みんなのヘルスケア相談室 高血圧のサプリメントガイド

高血圧を招く生活習慣を改善できる優良サプリメントとは

肝臓に関する病気

このページでは、高血圧が引き起こす肝臓の合併症について調査しています。

高血圧が引き起こす肝臓の合併症

悩む男性のイメージ画像50代男女の半数以上が症状を呈しているという、高血圧。「みんな高血圧なんだから、そんなに心配しなくても…」と軽く考えてはいけません。

高血圧は自覚症状に乏しいので、ついそのままにしてしまいがちなのですが、脳や心臓の大病を招く直接的な原因となります。またそれ以外にも、健康な毎日を送るために重要な役割を果たす身体の各部位に、ジワジワと悪影響を及ぼしているのです。

中でも悪循環が深刻なのが、肝臓と高血圧の関係です。以下に肝臓の基本的な働きをおさらいしてみましょう。

【肝臓の役割】

  • アルコールや薬、老廃物などの有害な物質を分解し、無毒化する。
  • 老廃物を排出するための「胆汁」を生成・分泌。胆汁は、脂肪の消化吸収も助ける。
  • 糖・たんぱく質・脂肪を貯蔵し、必要な時にエネルギーとして供給する。

上記の中でも「解毒作用」は重要。肝臓は、体内における「毒物処理班」と呼んで差し支えのない働きをしてくれる器官なのです。もちろん血液も例外ではなく、サラサラで流れ良くするために、肝臓が有害物質を取り除いてくれています

しかし高血圧患者の血液には、糖分や塩分、そして脂肪分などが多く、ドロドロです。その状態があまりにもひどいと、肝臓も手を焼くことになります。特に厄介なのは糖分のようで、その「毒物処理」には、多くの水分が必要とされます。その結果、体内の水分の多くが費やされることになり、血液はますますドロドロになるという悪循環が引き起こされるのです。

肝機能障害

肝臓に大きな負担をかけ続けると、機能障害が出てきます。肝臓には痛みを感じる神経がないので、自覚症状が現れた時には、症状がかなり進行している場合もあります。

中でも高血圧との関係が深いのは「アルコール性肝障害」と「脂肪肝」。いずれも生活習慣(食物やアルコールの過剰摂取、運動不足)から発症するもので、高血圧とセットになっている場合が多いようです。真剣に改善に取り組まないと、肝硬変や肝臓がんなど、生命を脅かす大病に発展する可能性があります。

アルコールの摂取を控える、肝臓に良い食べ物(タウリンを含む牡蠣などの魚介類、胆汁の分泌を促進するにんにく・梅など)を積極的に摂取する、運動習慣をつけるなどの生活改善を目指しましょう。

 
 
 
みんなのヘルスケア相談室 高血圧のサプリメントガイド